2020年8月10日月曜日

感性が死につつある

 最近,あんまり,新しい流行りものについてピンとくることがなくなってきた.いわゆる,30 過ぎると新しいものに対する感性が鈍ってきて,自分が過去に経験した古いものばかりを愛するようになってしまうというアレなのかも.実際,感性が死につつある自覚はある.

あの歌手とか,あの曲とか,流行っているものに,全く感性を揺さぶられない.それはそれで,悲しい事実.

……とか,おっさんぶりたいような文章を書いてみたけれど,最近,Billie Eilish にハマってアルバムまで買っていたことを思い出した.

2020年8月4日火曜日

うーむ

立て続けに師匠筋の大先生の訃報が届く.一般的に言って,大往生のご年齢とはいえ,気が滅入る.

2020年8月1日土曜日

というわけで

書きかけたまま,下書き状態でアップロードしていなかった記事のうち,時機を逸していなかったものをアップ.

平成という時代の個人史

そろそろ誰も平成がどうとか令和がどうとか言わなくなった頃なので,少しそんな話を.

私くらいの年代(30代半ば)は,平成という時代に育ち,平成という時代を最初から最後まで見ることができた一番若い世代だと思う.物心ついた頃に,昭和末期の空気をなんとなく嗅いで,一番物事を吸収する年代を平成とともに歩んで,平成の中盤に青春を過ごし,平成末期の社会の一員となった世代.

今の時代,こういう場など,個人が容易に記録を残すことができる場が増えた.

もちろん,イコール,その記録が残り続けるわけではないけれど,デジタルネイティブな我々が,みんなで,ただ,盲目的に個人史をどこかに残すだけで,日本の平成史を厚い記録として残せるんじゃないかと思ったりするのです.

---

個人的な感想だけれど,平成という時代を一言で表すと「狂気」だよね,と思うワタクシ.

小屋が欲しい

家が欲しいとかは思ったことはないけれど,小屋が欲しいとは思う.

立原道造の「ヒヤシンス・ハウス」とか,ル・コルビュジエのカップ・マルタンの「休暇小屋」とかみたいやつ.

狭い空間に,デスクと書棚,作業机くらいを置いて,ベッドとトイレがあって引きこもれるような.あと,顕微鏡も欲しいかな.で,ネットとかラジオとかもない.ただ,本を読んだり,ものを書いたり,顕微鏡を覗いたりで過ごせる場所.

マジで,二束三文の田舎の土地買って,小屋だけ建てたい.

2020年3月21日土曜日

ばるぼら

手塚漫画の中で最も好きなものを1つ挙げろと言われたら,一瞬の迷いもなく「ばるぼら」と即答できるくらい,「ばるぼら」が好きです.というか,手塚漫画に限らず,あらゆる創作物のなかでもトップクラスに好きです.

で,それが映画化されたということを,ついさっき知ったわけです.

意外に思われるかもしれませんが,美倉センセを稲垣吾郎氏が演じるというのは悪くない配役だなと思ったのですが,予告編を見る限りだと,バルボラ役が…….そもそも,日本人なの?という.

手塚眞氏は,まぁ,親の七光以外のなにものでもない三流〜二流の映像作家なので,演出面は何の期待もしていないのですが(「白痴」は結構頑張っていたと思うけれど),'90 年代香港映画(日本映画を抜き去った頃)を特徴付ける,あの雑然とした雰囲気を色(淡い青味,赤味を行き来する感じ)をコントロールして鮮烈な印象を持った映像に切り取るという技術で一世を風靡したドイルの撮影という点は期待が持たれる.

※有名どころは「恋する惑星」「ブエノスアイレス」あたり.とんと映画から離れているので,最近のはあまり見ていない.

2020年3月20日金曜日

ワニ2

もう1個.

「死」を表現するうえで,主人公(または主人公の大切な人)が病気などで衰弱していくというのは,王道のフォーマットで,まぁ,よくあるストーリー.

でも,実際には「突然の死」が,世の中には多くて,それを表現する試みもあるが,大抵の場合は,主人公の大切な人が突然死をすることで,主人公がなにかを改心していくというストーリーが多い気がする(例「タッチ」).

そんな物語の作り方のロジックでいうと,漫画内の主人公が「突然死」することで,読者を従来の「タッチ」型ストーリーの疎外されたメタの主人公に仕立てる,というのが,ひとつの発明だと思った.ワニは漫画の主人公であるとともに,読者の親しむキャラで,それの死を見ることが,読者に感情を催させる,という作り方.